“安心してくらせる” 住まい造りのコンサルタントて゛す。

    最近、マスコミ・報道等などで問題となっている、いわゆる『違法・手抜き・欠陥』建物に或いは

   不要の出費とならぬように。

 

    『せっかくの財産が・・・・・・!』

 

    こうなる前のコンサルタントです。

                                                   当、事務所では、                                                       

    建築設計・建築施工・測量・地質調査を30余年間の豊富な実務と経験を携える技術者が、その

   ノウハウと業者選びを適切にアドバイス致します。

    計画が出来たときに、小さな補修工事でも、先ず第一に、この配布ノートを参考“道しるべ”

   して下さい。

                                    坂田エンジニアリング  

                                            363−0008

                                           埼玉県桶川市坂田 1,729−2

                                           FAX  050-3156-7102

                                           Eメール skt.g@sakataeng.jp

 

       どのようなことなのか

     “安心してくらせる” 住まい造りは、以下の事柄を十分に理解して施行することが、重要不可欠

    です、 (必ず実行して下さい。)

 

    §1. 土地選びのチエック事項又は調べること

        都市計画法.建築基準法.その他政令.条例.規則.規制.制限.細則.指導要綱に   

       対応して、希望する計画どおりの建物が建築出来るのか?或いは既存建物(現在、存在し

       ている建物)においては希望及び計画している工作が出来るかどうか?            

          (違反建築物にならぬよう → 是を怠ると思わぬ事態に!

            

    §2. 敷地.境界.周囲の権利関係はどうなのか?

        (後々人為的その他取り返しのつかないトラブルの原因又は上記§1.に掲げる事項の 

       違反建築物にも、なりかねない場合も) 

          

    §3. 敷地.地盤の状況。地形、地質ではどうなのか?

        建物の被害、生活維持の損壊、最悪の場合は、人命にも係る場合も)  

            

    §4. 計画・設計から施工まで、小さな補修工事も含めて、設計者、施工者をどのように選ん

       だら良いのか?

       (手抜き、不良建築物の完成に、或いは不要の工事施工にならぬよう→金銭の多額の

      出費は、家庭・家計の崩壊或いは精神的ダメージの恐れも考えられる。)

   以上の事柄を進めてゆくには。配布ノートを取得し、対応して頂きたい。    

          

          

           トップへ戻る    前に戻る     次へ進む